« 2019年8月 | トップページ | 2019年11月 »

【図解】長浜ラーメン 元祖はどっち? 長浜屋? 長浜家?

 

☜この記事をシェアする

 

「長浜ラーメンって、どこがおいしいの?」

「長浜ラーメン、あちこち元祖があるけど・・・どうなってん?」

「長浜ラーメンの情報、よくわかんないよ!」

ですよね!

わかりにくいです、長浜ラーメン。

ネットの情報もばらばらです。

似たような名まえの店が新しくできたり移転したり、分店したり・・・

現地で決めよう!と思っても

どの店の看板も似たり寄ったりで・・・(o_o ;)

ぜんぜん違いがわかりません。

迷ったあげく「よし、この店だ!」と思っても

後から調べると、どの店だったのか・・・謎 (;´゚д)

とかーーー 。゚゚(*´□`*)°゚。

さらにわかりにくいのが元祖論争。

「長浜ラーメン、こっちが本物!」

「いやいや、ほんとのルーツはこっち!」

みたいな論争です。

もはやこの状況を言葉で説明できる人はいないのではないでしょうか?

本記事では、そんな長浜ラーメン混乱の歴史を、ちょっと絵(地図)を使って説明してみたいと思います。

まずは、こちらのマップ(長浜界隈)をごらんください。福岡市中央区にある「浜の町公園」が目印です。

https://remedics.air-nifty.com/photos/hawaii/0.png

ここらへんがいわゆる長浜界隈です(*^-^*)。そして、これがネットでよくでてくる「屋台通り」です(舞鶴港線)。

https://remedics.air-nifty.com/photos/hawaii/9.png

「一心亭」、「しばらく」、「昇龍軒」など今の博多で知らぬ者はいない、そうそうたる屋号はこの「屋台通り」から発展しました。

ここが長浜ラーメンのルーツだといっても過言ではありません。

しかし、これらの屋台はもうここにはないんです( T . T )

昔々、この屋台通りに並んでいた屋台はといえば、ナンバーワン、ロングビーチ、若大将、めん吉、とん吉 二代目、安さん、とん吉 港一番、とん吉 本店、とん吉 満月、とん吉 一休、やまちゃん、とん吉 茶屋、とん吉 分家、さよ子、焼肉 繁、天ぷら屋、魚繁など・・・今となっては懐かしい・・・

ネットで屋台を検索するとココがでたりしますが、今、屋台があるのは別のところです(後述します)。

屋台が成功すると店舗になったりしますが、その第一号ともいえる「長浜屋」の店舗、元祖長浜屋(通称「ガンソ」「ガンナガ」)があった場所はここ(下図)です。

https://remedics.air-nifty.com/photos/hawaii/1_20190913132501.png

しかし、今、この場所に元祖長浜屋はありません。ネットで検索するとここが表示されるかもしれませんが違います。ご注意ください。

そして、あの一世を風靡した元祖長浜屋の「支店」の場所はここです(下図)。

https://remedics.air-nifty.com/photos/hawaii/2_20190913132501.png

みんな「支店」と呼んでました。福岡で「支店」といえば元祖長浜屋の「支店」です。支店のメニューはラーメンのみ。入店したらラーメンではなくスープの脂の有無、麺の固さ、ネギの量を注文します(「ナシ・ナマ・モリ」など)。管理人は脂の有無を注文したことはなく、いつも「バリカタ、ネギモリ」と注文していました(元祖長浜屋ではバリカタと言わずナマだそうですが・・・べつにどっちでも通じます)。那の津通りに面して店の正面に駐車場もあり、たぶん、駐車場のない本店より有名でした。芸能人や日本中からお客さんが集まりました。長蛇の列がなつかしい。

しかしーーー。

あれほど盛況を期した「支店」はもうここにはありません。元祖長浜屋「支店」を検索するとここが表示されるかもしれませんが、今、ここにラーメン屋はありません。レビューやネットの情報は古いものが多いので注意しましょう。本店も支店も情報が錯綜しています。そして、

https://remedics.air-nifty.com/photos/hawaii/3_20190913132501.png

元祖長浜屋「支店」の前の那の津通りをはさんだ向かいには、当時、屋台で人気の「とん吉」の路面店(長浜とん吉総本店、24時間営業)がありました。このお店、けっこう人気があっただけに、後々、この場所が問題になります(べつに「とん吉」が問題になるわけではないのですが)。元祖長浜屋は、ラーメン以外にメニューがなくラーメン食べたら即退店という、まさにラーメン専門店ですが、「とん吉」はビールやお酒のほか、ちょっとした一品料理(焼き鳥、餃子など)も楽しめるラーメン居酒屋みたいなお店で、藤井フミヤさんのお気に入りだったという噂も。定食(とんかつ定食とかホルモン定食とか)もありました。「とん吉」のラーメンは元祖長浜屋より少し甘め。コクがあり、初めての人には一番人気だったかもしれません。ラーメンの麺の硬さを注文するとき、元祖長浜屋の"ナマ"は「とん吉」やその他のラーメン屋では"バリカタ"といいました。

そんなさなか・・・

2007年6月、元祖長浜屋が本店・支店ともに経営の危機に瀕しているというウワサが飛び交います。まもなく噂は現実なものとなり、6月14日、元祖長浜屋の両店とも同時休業となりました。これには地元民もびっくり。地元メディアにも取り上げられるほどの騒動となりました。大げさかもしれませんが再開存続を願う署名運動もおこりました。6月29日に再開となった際は、みんなで胸をなでおろしたものです。

しかし・・・

2008年4月8日、ついに元祖長浜屋「本店」がなくなってしまいます(おもてむきの理由は建物の老朽化と2005年の西方沖地震の影響のための解体。うわさでは新社長と従業員の内輪もめ?とも・・・)。しかし本店がなくなっても支店はそのまま「支店」という看板で存続しました。まるでどこかに本店があるかのような感じで。案の定、本店をもとめてさまよう旅行者が続出したとか・・・そうこうするうち

https://remedics.air-nifty.com/photos/hawaii/4_20190913132501.png

2009年9月1日、ついに元祖長浜屋「支店」も休業にはいります(理由は、内装工事のため?)。9月28日に再開しましたが、営業時間が大幅に短縮されました(午前6時〜午後13時40分に)。24時間営業っていうのが長浜ラーメンの伝統だったのに。いよいよ「支店」もやばいなぁ〜とみんなで心配したものです。すると・・・

https://remedics.air-nifty.com/photos/hawaii/5_20190913132501.png

2009年12月12日、もともと「とん吉」があった場所に、突如、元祖長浜というお店が開店しました。元祖長浜屋の超ベテラン従業員が独立したのです。これで、俄然、話がややこしくなりました。どちらが元祖か?という論争です。なんとなく経営がやばい感じの長浜屋に対して、ベテラン従業員が伝統を受け継いだ感じの長浜。これらが那の津通りをはさんで真っ向から対立したのです。24時間営業を踏襲したのは長浜です。というか、はじめて長浜を訪れた人たちは完全に「???」だったと思います。どちらがオリジナルか?なんて話より、そもそも違う店なのかどうかさえわからなかったのではないでしょうか。登録されている読み名はどちらも「ながはま」です。

味は、長浜屋より長浜の味の方がちょっとだけ甘いダシが効いた感じでしょうか。しかし、ネットのレビューは"場所"にリンクされているため、新しくできた「長浜」のレビューと、もともとそこにあった人気店「とん吉」のレビューが混在しています。その上、通りを挟んだ長浜屋を長浜だと勘違いして紹介しているレビューもあり、カオスです。有名人が長浜のことを長浜屋のごとくに紹介してしまったり。どちらの店名にも元祖とついているので、「ガンソ」や「ガンナガ」では、どっちのことを言っているのか・・・。当時は地元民ですら何が何だかわからない状態になりました。長浜を「ながはま」と呼んだりしてなんとか区別しようとしました。すると・・・

https://remedics.air-nifty.com/photos/hawaii/6_20190913132501.png

2010年3月14日、なんと元祖長浜屋の「支店」が閉店してしまいます(理由は、区画整理に伴う道路拡張工事のため)。ついに元祖長浜屋はなくなり元祖長浜のみとなりました。当然ですが、長浜屋だと思って長浜を訪れる旅行者が続出したそうです。しかし、まぁこれで元祖論争もピリオドか?と思われました。ところが・・・

https://remedics.air-nifty.com/photos/hawaii/7_20190913132501.png

2010年4月6日、なんと元祖長浜とまったく同じ名前の元祖長浜というお店がもうひとつできたんです。分家や支店でもないのに全く同じ名前です。これにはみんな混乱しました。せっかく落ち着きかけた元祖論争も元の木阿弥です。お店同士も訴訟騒ぎとなり、地元のニュースにもなりました。みんな通称、1(いち、いえいち)とか、2(に、いえに)とか、よんで区別してました。味は、後から出店した2の方が、1よりさらに甘めで、脂が効いた感じでしょうか。そこに・・・

https://remedics.air-nifty.com/photos/hawaii/8.png

2010年5月10日、元祖長浜屋が復活します。本店・支店の統合リニューアルオープンです(ただし24時間営業ではなく、午前4時〜深夜2時)。場所はもともと本店があったところの近くです。復活した元祖長浜屋の味は、他と比べれば薄くあっさり味に感じられます。それにしても、わかりくいことこの上ありません。元祖論争も完全に復活しました。三つ巴です。すると・・・

https://remedics.air-nifty.com/photos/hawaii/10.png

2016年6月1日、元祖長浜2が福岡市博多区の中州へ移転しました(営業時間は午前10時~29時(早朝5時))。これで問題は少しは緩和されたでしょうか。しかし「ガンソ」や「ガンナガ」という呼び方だと、いったいどこのことなのか、よくわからないという状況にかわりはありません。

人気の屋台「とん吉」の場所を書き加えると、今の状況はこんな感じです(その後「とん吉」はなくなってしまったようです)。

https://remedics.air-nifty.com/photos/hawaii/11.png

今の情報だけ知りたい!って人には最後の地図だけで十分かもしれませんね💧

しかし、いきさつを知っておかないと、いろんなラーメンサイトやレビューの内容に振り回されてしまう可能性大です。結局、どこで食べたのかわからないって人、かなりいると思います。ネットには間違った情報や新旧の情報が錯綜しています。

でも、この記事を読んだあなたならもう大丈夫。

地元博多の人が通称「ガンソ」「ガンナガ」とよんでいるのは、基本、元祖長浜屋です。

しかし、ガンソが元祖か?という話になると・・・いまだにいろいろ話が荒れます。( ´∀` )

ちなみに、いま、屋台が並んどうとこはココです(長浜臨港線)。

https://remedics.air-nifty.com/photos/hawaii/12_20190920150201.png

2016年2月、屋台「とん吉」を含む舞鶴港線沿いの屋台は、いっせいにこちらの通り沿いに移転しました。

この新しい屋台通りは、福岡市が屋台のために専用の電気、上下水道を完備させ、安全な歩道幅を確保、公衆トイレも整備したという鳴り物入りの屋台専用の通りです(※福岡市が2000年(平成12年)に制定した屋台指導要綱、さらに2013年(平成25年)に施行された屋台基本条例による開発措置)。なんですが、大通りに面しているため、薄暗かった旧・屋台通りと比べるとなんとなく風情にかけるというか、交通量が多いし、エンジンの音もうるさいし、のれんの隙間からもれでてくる笑い声・・・なんて聞こえなくなったし、新しい街灯があかるすぎるし提灯は目立たないし、広々として綺麗すぎるし、酔っぱらうと車道にふらふら出てしまいそうで危ないというか、呑兵衛としてはなんか落ち着かないというか、屋台通りとして、どうなんでしょう?(苦笑)

清潔で安全な感じという点では大成功していると思いますが。

・・・と心配していた矢先、2020年以降コロナ禍の影響で客足が激減、ついに屋台は全滅!?・・・新しい屋台通りはいきなり存亡の危機に瀕しました。しかし!2023年6月より大々的に復活する予定となっています。どんな屋台群が立ち並ぶんでしょうね?楽しみです!

さぁ、これであなたも長浜ラーメンの達人ですね!٩(˃ ˂ )وイェーィ♪

福岡によられた際は、ぜひ、立ち寄って感想などコメントよろしくお願いします!

なお、今の屋台はどこでも夕方以降の開設ですので昔みたいに昼間に行ってもありません。それだけはご注意を。

 

 

☜この記事をシェアする

 

 

むかしむかしコンビニもなかった頃・・・

長浜に行くと24時間365日すごい数のラーメン屋台がありました。

長浜ラーメンとは「長浜で発祥した特徴ある云々・・・」なんて言われてますけど

管理人に言わせれば「長浜=いつでもラーメン」っていう福岡人の常識、公式、深層心理が長浜ラーメンな気がします。

 

☜この記事をシェアする

 

記事中、間違いや訂正が必要な箇所があればコメント欄などでご指摘お願いいたします。

本記事が、みなさんが探しているお店をつきとめる一助になればと思います。

屋台通りすぐ近くの長浜鮮魚卸売市場でも絶品海鮮料理を楽しめます。来福の際は、そちらもお忘れなく!

 

☜この記事をシェアする

 

追記1

あくまで個人的にですが、初めての人へのおすすめの店舗は

1. 屋台「とん吉」本店

2. 元祖長浜家 中洲店

3. 長浜ナンバーワン(屋台「昇龍軒」が屋台「長浜ナンバーワン」となり、それが店舗化したお店。この記事では紹介していません)

4. 元祖長浜家 長浜店

5. 元祖長浜屋

かな。とくに、お酒の後の〆のラーメンとしてはこの順番だろうと思います。

このブログを読んだ方なら目的の店に確実にたどり着けるでしょう d(>_・ )ヤッタネ!!

しかし通い慣れると、好みがこのランキングの真逆になったりします。あくまで参考程度に。

博多っ子は、もともと一杯300円程度のシンプルなラーメンこそラーメンだと考えていて、グルメっぽいラーメンを敬遠する傾向にあります。映える(具が豪華、多い)、美味しすぎる(化学調味料のうま味がする、甘い)、注文してもすぐでてこない(1分以上待たせる)、値段が高い(500円以上)・・・なんてラーメンはラーメンにあらずと豪語する人もいます。

なので、地元の人のおすすめはそのつもりで聞きましょう

長浜ラーメンは博多ラーメンにくらべるとあっさりしていて紅ショウガととてもよくあいます。

とくに上記で5位にあげた元祖長浜屋のラーメンは、化学調味料っぽさはゼロ~最小。時間帯によっては味はけっこう薄く感じられるかも。もしかしたら、初めての人には良さが伝わらないかもしれません。しかし、食べ慣れると、ここに行き着くとも・・・。もはや白ご飯感覚でしょうか。

週に何度も通う人に好みをきくと、

1. 元祖長浜屋

2. 元祖長浜家 長浜店

3. 長浜ナンバーワン

4. 元祖長浜家 中洲店

5. 屋台「とん吉」本店

と、さきほどのおすすめと真逆になったりします。

 

☜この記事をシェアする

 

追記2

福岡の美味しいものランキング!!

1.あら鍋(クエという魚の鍋料理、特に九州場所の頃が美味しいです)

2.水炊き

3.もつ鍋

4.ラーメン

5.辛子明太子

そのほかぜひ福岡美味しいもの&おみやげのおすすめ!

ふぐ刺、鉄なべ餃子、うなぎ、あまおう、めんたいイワシ、ごまサバ、焼きラーメン、ごぼ天うどん、茅乃舎のだし、キャベたれ、ピエトロのドレッシング・・・

 

☜この記事をシェアする

 

追記3

屋台条例発令前後に旧・屋台通りに並んでいた屋台・・・管理人の記憶の中、うろ覚え(覚えている人、ぜひ、情報をコメント欄にご提供ください)

ナンバーワン(旧・昇龍軒)

ロングビーチ ・・・ 日向赤鶏の塩焼き!

若大将 ・・・ 涙の雫(トマトのベーコン巻き)!

めん吉

とん吉 二代目

安さん ・・・ 餃子!

とん吉 港一番

とん吉 本店

とん吉 満月 ・・・ めんたいイワシ!

とん吉 一休 ・・・ やきとり!

やまちゃん ・・・ おでん!

とん吉 茶屋

とん吉 分家

さよ子

焼肉 繁

天ぷら屋

魚繁

 

☜この記事をシェアする

 

« 2019年8月 | トップページ | 2019年11月 »