虹と雪、そして桜: 2019年9月の1件の記事

免責事項と著作権

  • 本ブログについて
  • ブログ内記事検索

アクセスマップ

著者プロフィール



㊙アメリカ㊙成功する方法


« 2019年8月 | トップページ | 2019年11月 »

2019年9月の1件の記事

2019/09/14

【図解】長浜ラーメン 元祖はどっち? 長浜屋 vs 長浜家

「長浜ラーメン、どこがおいしいの?」

「長浜ラーメンの元祖ってどこ?」

「てか、長浜ラーメンってネットの情報わかりにくくない?」

 

ですよね!

 

長浜ラーメンっていろいろありすぎて何が何だかほんとわかりにくいと思います。

言葉だけで説明するのはもう絶対無理なので

ちょっと地図を使って説明してみたいと思います。

まず、長浜界隈のマップがこちら。

https://remedics.air-nifty.com/photos/hawaii/0.png

ここらへんが長浜界隈(*^-^*)。福岡市中央区にある「浜の町公園」が目印です。そして、下図の矢印のところがいわゆる「屋台通り」。

https://remedics.air-nifty.com/photos/hawaii/9.png

むかしは、この通りに屋台がずらりと並んでいました。この通りこそが長浜ラーメンのルーツだと言えます。でも、今、ここに屋台はありません。屋台を検索するとココがでてくるかもしれませんが、今、屋台があるのは、ちょっと違うところです(後述します)。

屋台が成功すると店舗になったりしますが、その第一号ともいえる元祖長浜屋(通称「ガンソ」「ガンナガ」)の本店があった場所はここです。

https://remedics.air-nifty.com/photos/hawaii/1_20190913132501.png

しかし、今の元祖長浜屋はここにはありません。今は移転していて、この場所には違うラーメン屋(長浜将軍?)があります。そして、あの、一世を風靡した元祖長浜屋の「支店」の場所はここ。

https://remedics.air-nifty.com/photos/hawaii/2_20190913132501.png

支店のメニューはラーメンのみ。入店したらラーメンを注文するのではなくスープの脂の有無、麺の固さ、ネギの量を注文します(「ナシ・ナマ・モリ」など)。那の津通りに面し、店の周りには車をとめるスペースがあり、たぶん、本店より有名でした。この2店には芸能人も含め、日本中からお客さんが集まりました。長蛇の列がなつかしい。今は、もうありません。長浜屋を検索するとここが表示されるかもしれませんが、今、ここには、似たような名前の違うラーメン屋があります。レビューやネットの情報は古いものが多いので注意しましょう。本店も支店も今はここにはないのです。で、これだけだったら、話は簡単だったんですが・・・。

https://remedics.air-nifty.com/photos/hawaii/3_20190913132501.png

のちに問題となる「長浜家」(ながはまけ)の場所には、もともと「とん吉」という有名店がありました。お酒やいろんな一品料理を楽しめるラーメン居酒屋みたいなお店で、藤井フミヤのお気に入りという噂もありました。とん吉の味は長浜屋より甘め。コクがあり、たぶん初めての人には一番人気だったかもしれません。ラーメンの面の硬さを注文するときの、長浜屋の"ナマ"は、とん吉やその他のラーメン屋では"バリカタ"といいました。

2007年6月、元祖長浜屋(本店・支店)が経営の危機に瀕しているというウワサが飛び交います。本店・支店がともに一時的に休業したときには地元メディアにも取り上げられるほどの騒動になりました。が、なんとか継続。しかし・・・

2008年4月、ついに元祖長浜屋(本店)がなくなり支店だけになってしまいました。本店閉業のニュースを知らず、本店をもとめてさまよう旅行者が続出したとか・・・。そうこうするうちに、

https://remedics.air-nifty.com/photos/hawaii/4_20190913132501.png

2009年9月、ついに元祖長浜屋(支店)も一時休業へ。

約一か月後に再開しましたが、営業時間が短縮されました(午前6時〜午後13時40分に)。24時間営業っていうのが長浜ラーメンの伝統だったのに。いよいよ支店もやばいなぁ〜とみんなで心配したものです。すると・・・

https://remedics.air-nifty.com/photos/hawaii/5_20190913132501.png

2009年12月、もともと「とん吉」があった場所(元祖長浜屋(支店)の正面)に、元祖長浜家(ながはま)というお店が開店しました。元祖長浜屋の従業員が独立したのです。これで、俄然、話がややこしくなりました。どっちが元祖か・・・という論争です。24時間営業を踏襲しているのは長浜家です。味は、長浜屋より長浜家の味の方がちょっとだけ甘いダシが効いていて、たぶん初めての人には長浜家の方がうけがいいと思います。しかし、この場所にリンクされているレビューは、新しくできた「長浜家」のレビューと、もともとそこにあった「とん吉」のレビューが混在しているうえに、通りを挟んだ長浜屋(ながはま)を長浜家(ながはま)だと勘違いしていると思われるレビューもあり、カオスです。有名人が長浜家を「ながはまや」と紹介してしまったり、どちらの店名にも元祖とついているので、「ガンソ」や「ガンナガ」では、どっちのことを言っているのか・・・。地元民ですら何が何だかわからない状態になりました。しかも・・・

https://remedics.air-nifty.com/photos/hawaii/6_20190913132501.png

2010年3月、なんと、元祖長浜屋(ながはまや)の支店が閉店。元祖長浜家(ながはまけ)のみとなりました。長浜屋(ながはまや)と勘違いして長浜家(ながはまけ)を訪れた人もいたようです。読み方はどちらも「ながはまや」と読めますし・・・。でも、まぁこれでようやく元祖論争もピリオドか?・・・と思ったところが、

https://remedics.air-nifty.com/photos/hawaii/7_20190913132501.png

2010年4月、なんと元祖長浜家(ながはまけ)とまったく同じ名前の元祖長浜家(ながはまけ)というお店がもうひとつできたんです。分家や支店でもないのに全く同じ名前です。これにはみんな混乱ました。お店同士も訴訟騒ぎとなり、地元のニュースにもなりました。みんな通称、家1(けいち)とか、家2(けに)とか、よんで区別しましたね。味は、家2(けに)の方が、家1(けいち)よりさらに甘めで、脂が効いた感じでしょうか。さらに・・・

https://remedics.air-nifty.com/photos/hawaii/8.png

2010年5月、元祖長浜屋が違う場所に再開店しました。本店・支店の統合リニューアルオープンです(ただし24時間営業ではなく、午前4時〜26時(深夜2時))。元祖の味は、他と比べれば薄いあっさり味に感じられます。それにしても、わかりくいことこの上ありません。元祖論争も復活しました。そうこうするうち・・・

https://remedics.air-nifty.com/photos/hawaii/10.png

2016年6月、元祖長浜家の家2が福岡市博多区の中州へ移転しました(営業時間は午前10時~29時(早朝5時))。これでややこしい状態が少しは緩和されました。しかし、それでも「ガンソ」や「ガンナガ」という呼び方だと、いったいどこのことかよくわからないという状況にかわりはありません。

人気の「とん吉」の場所を書き加えるとこのように。

https://remedics.air-nifty.com/photos/hawaii/11.png

長浜ラーメンの歴史なんか興味がない!って人には今のこの地図だけで十分かもですね💧

しかし、サイトやレビューに載っている古い(間違った)情報を理解するにはこの記事の知識も少しは役に立つのかな・・・。

この界隈には、ほかにも「元祖」や「長浜」を店名にもつラーメン屋が乱立していていて看板だけを頼りにするとほんと混乱すると思います。が、地元博多の人が通称「ガンソ」「ガンナガ」とよんでいるのはおもに元祖長浜屋です。

ちなみに、現在、屋台が並んでいる通りはココです。

https://remedics.air-nifty.com/photos/hawaii/12_20190920150201.png

屋台は昼間にはたたまれていて、夕方以降に開設されます。

この屋台通りには「とん吉」の屋号をつぐものがずらりと並びますが、店舗である「とん吉本店」にも"屋台"と名がついているので紛らわしいです。

 

最後に、あくまで個人的にですが、初めての人へのおすすめの店舗は、

1. とん吉本店

2. 元祖長浜家(ながはまけ)中洲店

3. 長浜ナンバーワン(この記事では紹介していません)

4. 元祖長浜家(ながはまけ)長浜店

5. 元祖長浜屋(ながはまや)~通称「ガンソ」「ガンナガ」

かな。

通い慣れると、好みがこのランキングの真逆になったりします。あくまで参考程度に。

博多っ子は、もともと一杯300円程度のシンプルなラーメンこそラーメンだと考えていて、今はやりのちょっと美味しすぎるラーメンを敬遠する傾向にあります。映える(具が豪華、多い)、美味しすぎる(化学調味料のうま味がする、甘い)、すぐでてこない(1分以上待たせる)、高価な(500円以上の)ラーメンはラーメンにあらずと豪語する人もいます。

なので、地元の人のおすすめはそのつもりで聞きましょう

長浜ラーメンは、とんこつとはいえ、ほかの博多ラーメンにくらべればあっさりしています。

とくに上記で5位にあげた元祖長浜屋のラーメンは、化学調味料っぽさはゼロ~最小。味はすごく薄く感じられるかもしれません。初めての人にはたぶん良さが伝わらない気がします。しかし、食べ慣れると、ここに行き着くとも。週に何度も通う人はここが1番という人も多いです。もはや白ご飯感覚?

地元に住んでいない人が長浜で長浜ラーメンを食べようと思って場所を調べると・・・昔の錯綜した情報に翻弄されること間違いありません。

この記事が、読者の求める味の情報、お店の場所をつきとめる一助になればと思います。

でも、ここに書いてある情報も100%正確であるとは言いきれません。間違いや加筆が必要な箇所があればコメント欄などでご指摘お願いいたします。

おすすめ記事

« 2019年8月 | トップページ | 2019年11月 »

2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30