2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

免責事項と著作権

  • 本ブログについて
  • ブログ内記事検索

水素風呂の効果とは? その種類と選び方

みなさんの中には、水素水と言えば口から飲むものと、考えている人も多いと思います。

でも、いろいろ調べていくとそうとは言い切れないんです・・・Σ(`0´*)!

 

実は、―――

水素は皮膚からも吸収されるのです!

https://remedics.air-nifty.com/photos/hawaii/ofuro1.jpg

管理人は、当初、水素なんてほとんど皮膚から吸収されないだろうと思っていました。

なので、

次の論文にはほんとうに驚きました!!(゚ロ゚屮)屮

栗田ら (2013). J. Hot Spring Sci.,63,2-12

この研究によると・・・水素濃度100 ppb(0.1 ppm)程度のお風呂に10 - 15分程度つかるだけで、なんと6000 - 10000 ppb (6 - 10 ppm)もの水素が、入浴中、ずっと呼気(吐く息)の中から検出されるのです。

大量の水素が皮膚から吸収され、血液や体のなかを拡散し、最終的に吐く息(呼気)からでてくる・・・

 

お風呂にからだを浸けないと水素が検出されませんから、間違って空気中の水素を検出しているわけではありません。

水素が皮膚から大量に吸収されることが、はっきりと証明されてます・・・.+:。(・ω・)b゚.+:。

 

しかも、

水素の量がけた外れに多い!

 

お風呂にはいっている間、検出される水素の濃度がどんどん上昇します。

水素が身体に浸透し続けている証拠です。

計算してみると、

約15分の入浴で、飲む水素水2Lに匹敵する水素が取り込まれていることになります・・・

 

この事実を知ったとたん・・・

水素水を飲むのがバカらしくなってしまいました。

 

水素水を飲むより、1週間に2、3回、水素風呂に入浴する方がいいんじゃないか?

しかも・・・入浴なら、

家族みんなで使えます!

 

水素風呂の利点は、

まず第一に・・・

口から飲むわけではないのでからだへの影響、副作用の心配が少なくなります。

また、「酸化還元電位」にこだわる必要がありません。

 

酸化還元電位とは、水中のイオンのバランスです。

イオンは皮膚から吸収されませんので、お風呂の「酸化還元電位」なんて、お湯が直接触れている「素肌」意外には意味をもたないことになります・・・

水素風呂に限って言えば「酸化還元電位」なんて、わすれてOKです!

 

調べるうちに、水素風呂の可能性にどんどん引き込まれます。

身体を還元するには、水素水をちょこちょこ口から飲むぐらいでは埒が明かない気がしてくるのです・・・

そんなことよりも、

高濃度の水素風呂に入浴し、からだの奥の奥まで一気に水素を浸透させるほうがいい!

と思えてなりません。

 

いえ・・・そうは言ったって、

証明されているのは、

水素が皮膚から吸収される

ということだけです。

吸収されるだけ・・・(^-^;

 

水素分子が老化を予防するとか、

からだのサビがおちる・・・とか、そんな

証拠はまだ医学的に確立されていません・・・(^~^;)

水素に関する医学的な証拠(エビデンス)がそろうまでには、あと数年~10年はかかると思います(ノ_-。)

 

しかし、水素風呂が肌へ与える効果なら、もっと早くわかるかもしれません。

実際に、

アトピー性皮膚炎に対する水素入浴の効果

を研究している大学(順天堂大学漢方外来)があるようです。下記の映像→体験談1分15秒ごろに治療前後の比較映像があります。

世の中には、商品を売りたい~

という一心で、水素の効果を宣伝しているサイトが氾濫していますが、騙されないようにしましょう。

別の言葉で言うと「水素は自己責任で利用しましょう」ということです。

まぁ、しかし・・・医学的に重大な副作用がなさそうなところは水素の利点です。

 

実際に自宅で水素風呂をつくる方法ですが・・・

いくつかあります。

 

水素風呂の選び方・作り方

水素風呂をつくる入浴剤にはいろいろな種類があり、その成分や仕組み、価格に大きな違いがあります。

そこで、2012年から2014年にかけて販売されたおもな水素風呂について、そのしくみや成分、価格についていろいろと調べてみた結果、大きく4種類の方法に分類できることがわかりました。

A.水素発生器(電気分解)でつくる方法 

芸能人が使っていることから注目されていますが高価なところが欠点です。水素発生量が多いため、入浴剤よりも効果があると考えられがちですが、そうとは限りません。メーカー発表の水素濃度は器械の直上で測定されていますが、器械の真上で測定された水素濃度が高くても、浴槽全体の濃度が高いとはいえないのです。気になるのは、入浴剤に比べて気泡が大きいこと。気泡が大きいと浴槽全体の水素濃度はなかなか上昇しません。一見すると水素発生量がブクブクと大量に発生しているようにみえても、どんどん水面から抜けてしまえば、お湯全体の水素濃度としては思ったほど高くなりません。しかも、電気分解では同時に酸素ガスも発生しているはずです。湯中の酸素の溶存濃度が高ければ体表への還元効果は半減します。体内に吸収されるのは水素だけですので体内における還元効果は期待できます。このように水素発生器の生体効果についてはまだまだ検証が必要な段階です。両方試したことがある人の率直な感想が知りたいところです。管理人としては、現時点では、お金持ちの人以外にはおススメできません。

B.酸化カルシウム(生石灰CaO)とアルミニウムを含む入浴剤でつくる方法

専用のケースにセットした後、お風呂に沈めると水素が発生します(→反応式)。この反応には発熱をともなうため、専用のケースが必要です。価格は30日分で1万円程度と、ちょっとお高いですが、芸能人が宣伝しているのはこのタイプが多いです。専用ケースがついているものはこのタイプと思っていいでしょう。やけどの危険があるため、あまりおススメできません。

C.炭酸マグネシウム(MgCO3)を含む入浴剤でつくる方法

入浴剤を直接お風呂のお湯に溶かして水素を発生させます。発熱反応はなく、専用ケースは不要です。還元電位は-300~-350 mV程度。使用後に粉が浴底に残ります。価格は30日分で4000円程度。安いのでよく売れているようです。しかし、水素を作りだすメカニズムが謎です。成分からみて、水素を発生させる可能性がある成分は炭酸マグネシウムだけですので、このように分類しましたが、炭酸マグネシウムがイオン化する際に発生する水素ガスは微々たるものです。最近、このタイプの入浴剤で水素を発生させているのは実は水素化ホウ素ナトリウム(NaBH4ではないかというちょっと怖い話を知りました()。たしかに水素化ホウ素ナトリウムからは水素が大量に発生します。しかし、このタイプの入浴剤の成分表記には水素化ホウ素ナトリウムは入っていないんですね。ところが、成分分析をするとホウ素が検出されるのです。とはいっても、それだけではこの入浴剤に水素化ホウ素ナトリウムが含まれているとは結論できません。なぜならこのタイプの入浴剤の成分には必ずといっていいほど窒化ホウ素という成分が表示されているためです(窒化ホウ素が含まれていてもホウ素は検出されます)。窒化ホウ素は化粧品の成分としても認められている安全な成分です。でも、窒化ホウ素には水素を発生させる働きはないんです・・・一体、どうなっているのでしょうか?このタイプの入浴剤は安いのですが、管理人としては、水素発生のメカニズムがはっきりするまでおすすめできません。

D.水素化マグネシウム(MgH2)を含む入浴剤でつくる方法

入浴剤を直接お風呂のお湯に溶かして水素を発生させます(→反応式)。発熱反応はなく、専用ケースは不要です。還元電位は-150~-200 mV程度。水素発生量は酸化カルシウムや炭酸マグネシウムのものより多いようです。使用後に粉が浴底に残ります。水素化マグネシウムは安全な成分で化粧品としても認可されています(成分番号564095)。お湯と反応した後はさらに安全な水酸化マグネシウムになります(水酸化マグネシウムは食品として認可されている成分です)。人体に対する安全性は高いといえます。ただ、価格はちょっと高価。通常30日分で1万5千円~2万円ぐらいします。

 

水素発生器は超高価ですし、推薦保留とします。

水素入浴剤については、データを比べてみると、酸化還元電位では「炭酸マグネシウム(MgCO3)タイプ」、水素濃度では「水素化マグネシウム(MgH2)タイプ」に軍配があがります。

 

この酸化還元電位と水素濃度・・・どっちを重視するか?

前述したように、いろいろあるのですが、ズバリ言い切ると「水素濃度」です。

 

したがって―――

最大の効能を期待するなら、

「水素化マグネシウムの入浴剤」が一番のおすすめ

になります。

 

ところが―――

この、水素化マグネシウムタイプの入浴剤・・・けっこう値段が高い!

30日分でだいたい1万5千円~2万円もします !w(゚o゚)w!

この値段にはちょっと躊躇しますよね。

いえ、

今の時代、健康を維持するにもコストが必要ということはわかっているのですが・・・それにしても、ずっと続けるにはちょっと。

 

そこで―――

ここまでガンバって拙い文章を読んでいただいた方だけに、朗報です。

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜(n‘∀‘)η゚・*:.。..。.:*・゜゚・* !!!!!
↓↓↓おすすめキタァ↓↓↓

 

 

 

【水素化マグネシウム配合】水素気分プラス

【価格】1000g (30日分)で2,600円(税込、送料無料)。

(2017年1月10日現在)

 

この入浴剤―――なんと、30日分で2000円台!―――! (〃゚д゚;A A゚Å゚;) ゝ ゚+:....!!!

通常、30日分で1万5千円~2万円する水素化マグネシウム入浴剤としては「破格の値段」です!(60日分さらに割安

これまでおススメしてきた「Mg. 水素泉」(30日分で5,540円)よりも、さらに上をいくコストパフォーマンスです。

危険な「ホウ素」も入っていません!

まず、自分にあっているかどうか試してみたい!

という方には、いちばんのおススメです!!

 

これで効果を感じなければ、他の水素風呂もおススメできません。

と、思っていたのですが!

最近、新しいおすすめ商品をみつけました。それがこれ↓

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

水素生成器 お風呂用 高濃度水素バス AQUA-H ホワイト AH-HF1601 WH
価格:3080円(税込、送料別) (2018/8/7時点)


 

マグネシウムに水を反応させて飲む水素水をつくる装置がありますが、これはその水素風呂バージョン。詳細は→こちら

クエン酸を使うことによって、水素発生量は爆大に(飲み水には適さなくなりますが)。

何はともあれ、これ、めちゃくちゃ安いです。5年間で3000円ちょっと!

しかも水素発生量が半端ない・・・

今はこれが一番のおすすめかもしれません。

https://remedics.air-nifty.com/photos/hawaii/ofuro2.jpg

水素風呂にはいると、いろいろなことに気づきます。

プラシーボ(気のせい?)かなぁ~?(苦笑)

でも・・・

水素風呂と、ふつうのお風呂、何回試してみても水素風呂のほうが、湯あがり後のポカポカ感が続くのです。

発汗も多いし・・・

調べてみると、分子状の水素によって細胞内で酸化的リン酸化がおこり、ATPが産生される(体温が上がる)という実験データも存在します。

理論的には、水素によって細胞内のNADがNADHに還元され、ATP(エネルギー)が産生されるというのもありえなくはありません。

アンチエイジングの記事にも書きましたが、みんなが食べている「ごはん」、あれ、実は水素をたべてるんですよ!)

 

ところで・・・

水素入浴をすると発汗が多くなる

と感じている人は他にもたくさんいらっしゃるようで、

そんなことから、

水素風呂はダイエットに効くかも?

と、考えている人が多いようですが、

この考え方にはちょっと、疑問があります。水素の供給によって、逆に、脂肪の燃焼は抑制される可能性もあるかと思います・・・

 

むしろ、水素入浴は糖質制限ダイエットとの相性が抜群にいいのではないかと思います(ケトン体の発生を抑えるなど)。

 

いろいろと研究の余地はありますね。

 

水素の可能性については話がつきませんが、

管理人は、水素風呂にはいる前にコエンザイムQ10(CoQ10)を飲むようにしています。

こうすれば、からだにとりこまれた水素がCoQ10に吸着され、体内に長く残るだろうと思うからです。

ちょっとした工夫で、からだに取り込まれた水素の還元反応を最大限に利用してやろうと・・・

そんなハイブリッドな効果を期待しています(v^ー゜)。

はい、何度も書きますが、医学的エビデンスは全然ありません (^-^;

期待される効果がまったくない可能性も否定できません。

しかし・・・

副作用さえなければ、試す価値はあります。

 

水素が生体に及ぼす効果に関する臨床試験はおこなわれつつあり、アメリカでもだんだん注目されつつあります。

単に、お金の浪費に終わるのかどうか・・・効果については数年後の結果待ちです(o^-^o)。

 

このように、いいことづくめな水素風呂ではありますが・・・

いくら水素自体に副作用がないといっても、長時間の入浴は、血圧を大きく変動させ、体に負担をかける行為です(冬の入浴中に高齢者の心筋梗塞や脳卒中の頻度が高いことはよく知られています。健康であっても、長時間の入浴後には、失神することがあります)

また、水素以外に発生する化学成分や入浴剤に含有される他の成分による身体への影響などは別に考慮しなければなりません。

病気のある方や消耗性疾患、または心臓や肺、脳循環に問題がある方は、水素風呂を利用する際に、必ず事前に主治医に相談してください(入浴は短時間のみ、ぬるめのお湯でなければ不可という場合があります)。

 

何事も過ぎたるは及ばざるが如し。水素風呂の使用頻度は、週に1~2回程度で充分かもしれません(臨床研究では、こういう適切な回数も調べる必要があります)。

自分の生体に備わる「自然な調節機能」を鍛えておくことも大切でしょう。

おすすめ記事

2017年3月 1日 (水)

水素風呂は危険?爆発の可能性について

正常では空気中の水素濃度は、ほぼゼロ%(正確には約...

» 続きを読む

2017年1月 1日 (日)

水道の水をレモンで還元する方法

日本の水道の水は水道法により、塩素(カルキ、さらし...

» 続きを読む

2016年12月 1日 (木)

画期的!光をあてるだけで水素が発生する 光触媒の話

1972年、日本人の「本多ー藤嶋」によって水素生成...

» 続きを読む

2016年11月 1日 (火)

活性酸素とアンチエイジングの話

老化――― 誰でも知っている現象ですが、その原因は...

» 続きを読む

2016年10月 1日 (土)

活性酸素・フリーラジカルの話 (一般向け)

酸素は危険な電子ドロボー! 酸素って、何か「からだ...

» 続きを読む

2016年9月 1日 (木)

酸化と酸性の違い

水素イオン=「H+」=プロトン(陽子)1個、電子0...

» 続きを読む

2016年8月 1日 (月)

水の電気分解

酸化水・電解酸性水やアルカリイオン水・還元水・水素...

» 続きを読む

2016年7月 1日 (金)

水素水のORPとpHの関係 酸化還元電位 vs アルカリ度

水素水の性能をあらわすインデックス(指標)には、次...

» 続きを読む

2016年6月 1日 (水)

水素水の効果 デモンストレーション動画

水素水は、ふつうの水とは違います。 どう違うのか?...

» 続きを読む

2016年5月 1日 (日)

フラガナン水素・マイクロクラスター・シリカハイドライトとは?

海外では、「Silica Hydride」なるサプ...

» 続きを読む

2016年4月 1日 (金)

水素スティックとは?

水素スティックの効果とは? その種類と選び方 金属...

» 続きを読む

2016年3月 1日 (火)

水素カプセル・サプリメンとは?

水素カプセル・サプリメントの効果とは? その種類と...

» 続きを読む

2016年2月 1日 (月)

水素水の種類と選び方

水素水 飲料水としての水素水は実にたくさんあります...

» 続きを読む

2016年1月 1日 (金)

水素水の効果とは?

健康でいたい! 若返りたい! 話題の水素水ですが、...

» 続きを読む

2015年12月 3日 (木)

基礎知識 次亜塩素酸

次亜塩素酸とは? 電解酸性水の主成分 次亜塩素酸(...

» 続きを読む

2015年11月 1日 (日)

基礎知識 次亜塩素酸水・電解酸性水と次亜塩素酸ナトリウム液・ハイター・電解次亜水の違い

次亜塩素酸ナトリウムと次亜塩素酸水の違い キーワ...

» 続きを読む

2015年9月 1日 (火)

基礎知識 電解酸性水

電解酸性水 水にClイオン(HCl、NaCl、KC...

» 続きを読む

2015年8月 1日 (土)

基礎知識 マイナス水素イオン

マイナス水素イオンとは? ふつう、水素イオンといえ...

» 続きを読む

2015年7月 1日 (水)

基礎知識 活性水素

活性水素(水素ラジカル)とは? 活性水素とは、水素...

» 続きを読む

2015年6月 1日 (月)

基礎知識 水素水

水素水は、電気分解によってつくることもできますが、...

» 続きを読む

2015年5月 1日 (金)

基礎知識 アルカリイオン水・還元水・水素水

アルカリイオン水・還元水・水素水 水を電気分解した...

» 続きを読む