« 光を止めると・・・? | トップページ | 慣性質量 inertial mass と重力質量 gravitational mass 「等価原理」 »

相対性理論はウソ?ほんとう?

 

☜この記事をシェアする

 

速度vで移動している慣性系(たとえばロケット)を外から観察すると、その慣性系(ロケット)の

    1. 時間の進み方は、(1 – v2/c2)1/2倍に遅くなっている
    2. 長さは、進行方向に(1 – v2/c2)1/2倍に短縮している(ローレンツ収縮)
    3. 質量は、(1 – v2/c2)1/2倍に重くなっている

ということが予測されています。

アインシュタインの特殊相対性理論です。

その慣性系(ロケット)の内部にいると何もかもふつうなんですが、外からみるとそうみえるわけです。

ほんとうなのか???

世の中には、相対性理論が正しいかどうかを議論している人達がたくさんいます。

が・・・はっきり言って

ナンセンスだと思います。

だって、「時間」と「空間」の定義って何ですか?

空間は箱であり、遠くにあるモノは距離的に遠い?

遠くの景色は過去のもの・・・

では、その距離は時間?空間?

ここらへんうまく説明できる人います?

もし光の速さが毎秒1mだったら?

そんな世界で時速40kmで車を運転したら?

車の窓から見える景色は?

相手が見える前にぶつかることも?

何が言いたいのかというと

時間と空間の定義があいまいである以上、相対性理論が正しいかどうかなんて議論はナンセンスです。

結局、定義の問題。下手したら哲学的な議論になってしまいます。

時間や空間を考える相対性理論は、正しいかどうかより、今あるこの世界で実用的であるかどうかのほうが大事ではないでしょうか。

私たちが観察する宇宙空間や超高速環境でおこるさまざまな現象が、この相対性理論で説明できています。

もしかしたら、違う考え方で説明できるのかもしれません。

しかし。

実用できるのであれば、どれが正しいかどうかなんて、とりあえずどうでもいいと思います← これぞPragmatismの真骨頂!

 

☜この記事をシェアする

 

 

« 光を止めると・・・? | トップページ | 慣性質量 inertial mass と重力質量 gravitational mass 「等価原理」 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 光を止めると・・・? | トップページ | 慣性質量 inertial mass と重力質量 gravitational mass 「等価原理」 »