« 【科学】ローレンツ因子の意味 | トップページ | アインシュタインの一般相対性理論 10話で完結 その2 »

アインシュタインの一般相対性理論 10話で完結 その1

https://remedics.air-nifty.com/photos/hawaii/spacetime.jpg

 

☜この記事をシェアする

 

アインシュタインによって提唱された相対性理論には、特殊相対性理論と一般相対性理論があります。

特殊相対性理論は、重力がない世界で不変的に成り立つ物理法則を考察したもので、E = mc2 という有名な式で知られています。

一般相対性理論は、これを重力がある世界でも成り立つように発展させたもの・・・と言われており、その理論にでてくる有名な式は次のようなものです。

Gμν = 8πGTμν/c4

ヘ(゚д゚)ノ ナニコレ? ・・

 

アインシュタイン方程式(Einstein's field equation)といいます。

はじめてみた人は、ほぼ確実に、あっけにとられるでしょう。

特殊相対性理論ででてくる式 E = mc2 とは似ても似つかぬ・・・

一般の人には意味不明な式だと思います。

もちろん物理や数学の専門家には、それほど難しい式ではないかもしれません。

しかし、そういう専門家にこの式の意味を教えてもらおう・・・とすると、おそらく最悪です。まず間違いなく、何言ってるのかわかりません。(^-^;

そもそも専門家の仕事というのは、理論をわかりやすく世間に伝えることではありませんから。

つまり、アインシュタイン方程式は、

専門家でなければ理解するのはむずかしい・・・

という問題の上に、

わからない人にわかるように説明できる専門家はいない・・・

という、われわれ一般人にはどうすることもできない問題を抱えているのです。

 

結局、一般人がアインシュタイン方程式を理解するためには、それぞれ、自分でがんばる以外にないということになります。

それならば・・・と、

今回、一念発起、物理や数学を専門としない管理人が、一般相対性理論を独学で勉強し、理解できたところを解説してみることにしました。

なので・・・先に断っておきます m(_ _)m

できるだけウソや間違いのないように努めたつもりですが、あくまで管理人の能力の範囲内です。

また、かなりの部分で正確さというより、わかりやすさを重視した散文になっていることをご了承ください(;´▽`A``)

 

それでもよろしいという方のみ、先へおすすみください (=´Д`=)ゞ

ぜんぶで10話です。

きっと、読み終わるころには今より式の形が簡単にみえているのではないでしょうか (ゝ∀・)

(つづく)

 

☜この記事をシェアする

 

アインシュタインの一般相対性理論 10話で完結 その2

« 【科学】ローレンツ因子の意味 | トップページ | アインシュタインの一般相対性理論 10話で完結 その2 »

コメント

相対論は、土台、間違っているでしょう。そう申し上げる根拠のうち、一番、簡明なものは、次の2つです。
1. c、 v ともに、 0 でも、 ±∞ でもない実数なのに、
c ± v = c が成り立つ代数系など、ありません。
2. E = m*c^2 なら、 kg=kg*m になり、物理学の単位系の崩壊です。

相対論の対案になる物理学理論の概要は、日高守(別名: 日高まもる)の著書、サイトを御覧ください。

ちなみに、上記 URL のリンク先に御座います相対論批判と併せて、アマゾン書評ページに於ける、市川秀志氏らの本への私めの書評どもに、相対論を含む現代の諸科学への批判を書きましたので、そちらの方も、何とぞ御高覧ください。

(どちらの拙文どもも、英文は、間違いだらけで、恐れ入ります。)

メリー・クリスマス、良いお年を。

念の為、もう一つ批判材料を御紹介いたします。:
3.  本当に、 c±v = c なのだとしたら、(c+v) および (cーv) の所に c を代入することによって、ローレンツ収縮がありますよ、と主張する根拠の数式が、ローレンツ収縮などありませんよ、と主張する根拠の数式に早変わりします。

>木村弘一(こういち)さん 恐れ入ります。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 【科学】ローレンツ因子の意味 | トップページ | アインシュタインの一般相対性理論 10話で完結 その2 »