2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

免責事項と著作権

  • 本ブログについて
  • ブログ内記事検索

日本の借金 ウソ・ホント

日本の借金が1000兆円を超えた、といって数年たちます。

今も、増え続けているようです。

財務省は、

このままでは日本は破綻する!

と主張し、

増税や社会保障費の削減を正当化しようとしています。

ですが・・・

この話―――財務省の間違いか・・・ウソ・・・です。

経済理論にでてくる数式や考え方は、管理人が専門としている血液循環理論に非常によく似ているところがたくさんあります。

なので、オカシな主張に出くわしてしまうと、そのカラクリがみえてしまってどうしても黙っていられません(ノ_-。)。

徹底的に解説してみたいと思います。

記事を読んでいただくと、

政府がやろうとしている増税や社会保障費の抑制が大間違いであることがわかると思います。

(ちょっと長文になりますm(_ _)m)

 

まず・・・

政府によると、

日本国民一人当たりの借金が800万円を超えている

ということです。

が、冗談じゃありません!凸(`、´X)

借金をしているのは「日本政府」という組織です。

国民ではありません!

(政府が国民の生活の繁栄のために借金を肩代わりしてくれているように、一見、みえなくもありませんが・・・よくよく考察すると違います。巧妙なカラクリがあります。この議論はあえて後回しにします)

そもそも。

「国民」は「国家」の一部ではありません。

日本人には、この国家と国民の関係を明快に意識できている人は少ないようです。

国民(nation)と国家(state)は、ある意味、対立する階級組織なのです。

例えば、アメリカでは国民が銃を持つことが許されていますが、その理由は自衛のためでもなんでもありません。銃とは、万が一、国家(政府)が暴走したときに、国民が国家(政府)を倒すための武器なのです。

日本語にはどちらも国という字がついているせいか、日本人には国民と国家は同じものだ、とか、国民は国家の一部だ、と勘違いしている人が多すぎます。

日本人はもう少し、国家という組織を国民目線で客観的にみる視点を持ったほうがいいと思います(話が脱線しました・・・(^-^;)。

国家(政府)の借金を、国民の借金だなんて、騙されてはいけません。

話を元にもどしましょう・・・

政府の借金とは、償還されていない国債の額です。

国債とは、日本政府が発行した社債のようなものです。

(ちなみに日本政府の社員が公務員ですよね)

ポイントは・・・

国債を発行したのは、日本政府であって、国民ではない

ということ。

国民は日本政府の社員ではありません。

だから、日本国民一人あたり800万円の借金があるなんて、騙されないようにしましょう!

では、借金を負っているのが政府だとして。

日本政府は誰に対して借金を負っているのでしょう?

当然ですが、国債の持ち主に対して―――

です。

ただし、

ここに決して語られることがない重要な例外があります。

日本銀行に対する借金です。

日本銀行が保有している国債は、日本政府の借金には該当しません!

何故でしょうか?

まず、日本における紙幣の発行について要点を整理してみましょう。

現在、日本政府は、政府が発行した「国債」を、間接的に日本銀行に買い取らせることによって、日本銀行に新しい「紙幣」を発行させています。

日本政府と日本銀行の共同作業による紙幣発行のプロセスをわかりやすく順番に書くと、

1 日本政府が国債を印刷して市場に売りにだす

2 市場(民間人、民間企業)が国債を購入する

3 政府はお金を手に入れる

4 日銀が新札を印刷する

5 日銀が印刷した新札で市場から国債を買い上げる

6 市場に新札が流入する

7 日本政府は国債で得たお金を公共投資に使う

まぁ、こんなもんです。

こうするとマーケットを流通する紙幣が増えますよね。

これが政府誘導による紙幣の発行です。

政府が国債を発行することによって、市場を流通する通貨の量が増えるんです。

まぁ、ここまでは、比較的よく理解されていますが、

この反対・・・すなわち、

政府が国債を償還すれば、同額の通貨が市場から消えてなくなってしまう

という、よく考えたらあたりまえのことが、実はあまり知られていません。

学校で教える経済学ではあまり触れないのかもしれませんが、

そもそも・・・

紙幣(日本銀行券)というのは、日本銀行が発行した債券です。

債券って、わかりますか?

このポイントは日本政府の借金を考えるうえで非常に重要なポイントですので、少し詳しく解説しておきたいと思います。

 

通貨・お金とは何か?

日本銀行が発行する紙製の通貨は「紙幣」とよばれます。

また、

政府が発行する 金属製の通貨は「貨幣」(補助通貨)とよばれます。

この記事では、話をわかりやすくするために、補助通貨である貨幣を無視し、話をすすめます。結論に影響はありません。

 

紙幣とは?

先にも書いたように、紙幣(日本銀行券)とは、日本銀行が発行した債券(または預かり証)です。

ちょっと意外に思う人もいるかもしれません。

債券(または預かり証)というのは、ふつう、誰かが何かを借りた(預かった)ときに、借りた(預かった)人が貸した(預けた)人に発行する証明書みたいなものです。

歴史的に、この「何か」 = 「金ゴールド」だったのです。

昔、銀行は、お金持ちの人から「金ゴールド」を預かって(借りて)、その預り証(借用書)として紙幣を発行していたんですね。

この預り証こそが紙幣の原型です。

預かるということは借りるということとほぼ同意ですから、預り証 = 借用書と考えることができます。

みかたによると、

日銀が、マーケットから金ゴールドを調達するために、紙幣を発行した、とも言えます。

紙幣とは、いわば、日銀が発行した社債みたいなものです。

その証拠に、昔(金本位制だった時代)は、銀行に紙幣を持っていくと、銀行は「金ゴールド」を吐きださなければいけませんでした(兌換紙幣)。

紙幣の発行量 = 銀行がお金持ちから「金ゴールド」を調達した量(借りた量)

だったんです。

みなさんが学校で習った、金本位制のシステムですね。

銀行が金ゴールドを預り、その預り証として発行されたものが紙幣の原型です。

(あなたが銀行に預けているつもりの銀行預金も、実は、銀行にとっては借金なんです)

しかし、金本位制が中止された現在では、紙幣を銀行に持っていっても「金ゴールド」とは交換してくれません(不換紙幣)。

そうすると、今の紙幣の価値を支える根拠はないことになります。

では、今の紙幣には債券としての価値はないのでしょうか?

会社が発行した社債などの債券(デット)は、通貨に償還できる―――という価値があります。

しかし紙幣は、紙幣自体が通貨ですし、金本位制が中止された現在においては、もはや他の何にも交換できません。

他の何にも交換(償還)できなければ、それ自体、債券ではないということになります。

債券ではないということは、それ自体、無価値な紙であるということになります。

極論すると・・・

今の紙幣は、基本的には「偽造された商品券」と同じようなものなのかもしれません・・・!!(゚ロ゚屮)屮

想像してみてください。

あなたは、紙幣を受け取ると、なにかうれしくなりますよね?

でも、その「うれしい気持ち」・・・なぜですか?

どうして、そんなにうれしいのですか?

その紙幣を1枚どこかに持っていくと、「必ず」その額面相当の何かに交換してもらえるからですよね?

でも、交換してくれるという「保証」が、どこにあるんですか?

実は、そんな保証はどこにもないのです!

まるで、偽造された商品券のように・・・

今の紙幣に価値があると思っているのは、

みんなが集団で洗脳された幻覚(イリュージョン)であって、

恐ろしいことに、

紙幣の価値を保証するものは何もない!

のです。

心理学的には、

全員、「銀行教」に洗脳されている・・・ともいえます。

まぁ、みんなで洗脳されている限り実害はないわけですが・・・(。>0<。)

宇宙人からみたら、偽造商品券を必死になって集めて喜んでいる地球人は、さぞ、こっけいにみえることでしょう・・・

しかし・・・

紙幣の価値を保証するものは何もない!

と言っておいて何ですが・・・

実は、

今の日本銀行券(紙幣)の価値を支えているものがひとつだけ存在します。

それが「日本国債」です。

 

紙幣が新しく印刷され、通貨として誕生する瞬間

ちょっとだけ復習です。

新しい紙幣が発行されるのはどういうときでしょうか?

昔は、「金ゴールド」が銀行に持ち込まれたとき、預り証(借用証)としての紙幣が発行されました。

金ゴールドと交換できる正真正銘の債券でした。

しかし、金本位制が廃止された今は違います。

今では、何も元手がなくても、日銀はまるで空気から紙幣を印刷できます。

しかし!

そんなことでは、マジ、偽造商品券と区別がつかなくなる・・・と、

誰かが心配したのでしょうか・・・

日銀は、新しい紙幣が印刷するときに、同時に政府発行の日本国債を買い入れることにしました。

これはさすが!

と言わざるをえないいいアイデアです。

つまり・・・現在の日銀は、国債を預かった「証拠として」紙幣を発行しているのです。

別の言い方をすると、

今の紙幣は、政府から「国債」を預かったことを示す証拠、つまり債券ということになります。

金ゴールドの代わりに、「国債」を預かった証拠が、日本銀行券です。

したがって、「日本国債」が今の紙幣の価値を支えているともいえるわけです。

日本政府が紙幣と日本国債との交換を保証している限り、紙幣の価値が日本国債によって担保されていると考えることもできます。

日本銀行券は、日本国債と交換可能な兌換紙幣みたいなもの、といえなくもありません。

しかし、なんだか・・・

「金ゴールド」の借用書と、「日本国債」の借用書では、何か価値の確かさというか・・・アリガタミがぜんぜん違う気がします・・・

金ゴールドには絶対的な価値があります。

日本国債には何か絶対的な価値があるんでしょうか。

よくよく考えてみてください。

印刷会社が紙幣を印刷した直後には、紙幣そのものに価値はないはずです。ただの「紙切れ」にすぎないはずです。

ところが、日銀が何か価値あるものを預かり、この「紙切れ」をその預り証として誰かに渡した瞬間、預り証としての価値が「紙切れ」に与えられるのです。

日銀が、日本国債10000円分を預かったときのことを考えてみましょう。

そのとき発行される紙幣の価値は、いったい、いくらになるでしょうか?

10000円の国債には10000円の価値があると信じられています。

したがって、この場合にも紙幣の価値は10000円になります。

一見、

金ゴールドを預かった場合と、状況は同じようにみえます。

ところが・・・

やはり、どう考えても、国債の価値は、金ゴールドのような価値ではありません。

金ゴールドには、使用価値があります。

キラキラ輝いていて、持っていると楽しめますし、宝石やネックレスにすることもできます。

利用できます。それ自体、使えるのです。

しかし、

日本国債には、使用価値がありません。

持っていても、楽しめないし、それを食べることもできないし、道具にもならず、使い道がありません・・・

実は、

日本国債の価値は、使用価値ではなく、交換価値なのです。

この交換価値―――とは、

日本政府に10000円の国債を持ち込むと、必ず10000円プラス利子!の紙幣と交換してくれる

という国家の強力な保証です。

(この交換価値が保証されなければ、国債の価値はあっという間に吹き飛びます)

極論すると、

現在の状態は、日本銀行と日本政府が、お互いの債券(社債)を握り合っているようなものなんです。

日本銀行券の価値を支えているのは、「日本政府という会社」の社債の価値であり、一方、国債の価値を支えているのが紙幣の価値

ということになるでしょう。

なんだかんだいって、国債や紙幣の価値を支える根源は、「国債は必ず紙幣と交換されますよ~」という、なんとも頼りない保証にすぎません。

読者の中には・・・

新しく印刷された新札は、印刷された瞬間に紙幣としての絶対的な価値を自然に持つのではないか・・・

と思う人もいるのではないでしょうか?

たぶん・・・それはそうです。

現在流通している不換紙幣には、紙幣そのものに絶対的な価値があると信じられています。

誰も、それが「偽造された商品券」と似たようなものとは考えません。

しかし、それは、私たち全員が洗脳されているから・・・にすぎません。

実際、この洗脳だけを頼りに、国債との交換なしに中央銀行が勝手に新刷を発行している国もあって、それはそれでうまくいっているようです。

(唯一、紙幣そのものに存在する価値があるとしたら、その紙幣を使ってしか納税が許されない、ということでしょうか)

ところが、

日本では、日本政府が国債を発行し、「わざわざ」新刷の銀行券と交換することによって、その幻想に一種の「政府保証」を与えています。

国債は、必ずその額面に等しい日本銀行券(紙幣)と交換できることを、日本政府が保障することにより、まるで

日本政府もその幻想を信じていますよ~!

と、強力にアピールしていることになります。

日本政府は「日本国債」を発行することができます。

日本銀行は「日本銀行券」(紙幣)を発行することができます。

それぞれを交換することによって、通貨の価値が政府によって保障され、国債の価値が日銀によって保障されます。

極論してしまうと、

日本国債の価値を日本銀行券が担保し、

日本銀行券の価値を日本国債が担保しています。

 

いったん、まとめます。

日本銀行は、新しく紙幣を印刷し、これを元手に国債を買い入れます。

これを別の視点から見れば、日本銀行は国債を預かり、その預り証として日本銀行券を発行しているといえます。

日本政府からみると、

日本政府は、日本国債を日本銀行に貸し付け、日本銀行がその借用書(日本銀行券)を発行しているということなんです。

このような見方をすれば、日銀が保有している国債が、日本政府の負債であると考えるのはオカシイことが理解できると思います。

日銀が持っている国債は、政府の貸しでもあるのです。

A社とB社が同額の社債を持ち合っている場合、どっちがどっちに借金しているということはできません。

このカラクリが理解できれば、「日銀が国債を大量に買い取ると、日銀が債務超過になる」などという論調も間違いであることがわかります。

結局、

国債は政府の債券紙幣は日銀の債券・・・

であり、

日本銀行が国債を保有している状態というのは、日本政府と日本銀行がお互いの債券を握り合っている状態であり、どちらがどちらに貸しているとは言えないのです。

・‥…━━━☆

日本国債が発行されなければ、流通する日本紙幣の絶対量はふえない

どんな国でも、国内の物質やサービスの量(自動車やコンピューター、家電、医療サービス、外国であれば武器など)に合わせて紙幣の絶対量を増減させなければ、モノの価格が、モノ自体の価値以外の要因で変化してしまいます。

たとえば国内の物資やサービスが増加している状況において、紙幣の流通量を増やさないでいると、必然的に通貨の価値のほうが高くなっていきます。

(通貨そのものに価値があると信じている地球人ならではの現象でしょう・・・)

紙幣一枚の価値があがると、物の単価が下がることになり、物資やサービスの成長が抑制されます(これがデフレです)。

こうして、物を生産して儲けるより、じっと通貨を握り締めていたほうが得をする感覚が蔓延すると、国の成長が止まり、国力が衰えていきます。

このように、通貨の価値と、国の成長は反比例の関係にあります。

通貨の価値を第一に考える日本銀行と、国力を第一に考える日本政府は、この価値観において若干の対立があります。

国を成長させるためには、通貨の不足感(貯金したいと思う気持ち)を排除しなければいけません。

つまり、日本中に物やサービスが増加している状況においては、日銀は、通貨の価値があがりすぎないように、通貨の絶対量を増やさなければいけないのです。

しかし、日本中の物やサービス以上に通貨の量を増やしすぎると、通貨の価値が下がりすぎますから、また、別の問題が生じます。

日銀の役割は、通貨の価値をできるだけ一定に保つことなのです。

ところが、今の日本のシステムでは、国債の発行なしには日銀は新札を印刷することができません。

言い換えると、成長している日本では、物資サービスと通貨のバランスを一定に保つために、

日本政府は、国債を発行しなければならないし、

日銀は、新札で国債を買い取らなければならない

ということになります。

今の日本では、国債が発行されなければ、国の成長にブレーキがかかってしまう、というシステムになっているんです。

極論すると、

日本が成長している限り、日本政府は国債を発行しなければならないのです!

この問題、

黒字はgood、赤字はbad

という先入観で考えてはいけないということです。

なまじ、

経営の知識や経済に明るいと、この先入観がじゃまをして、借金にもGoodなものがあることがわからなくなるかもしれません。

考えてみてください。

「国債を発行して政府は赤字だ。赤字はケシカラン。だから国債は償還する!」などといって、

出回っているすべての国債を、日本政府が全て買い戻してしまったら何がおこるでしょう?

世界中の日本国債が日本政府に回収されると・・・

日本政府によって買い戻された国債は、日本政府内においてその役割を終えたことになります・・・

どんな人や組織でも、借用書(政府のとっては国債)を取り戻せば、それが他人の手に渡ってしまう前に処分するはずです。つまり、回収された国債はゴミ箱に捨てられます。

国債は、日本政府が発行した借用書なのですから、日本政府に戻ってきた時点で意味を失う・・・

処分されるのはあたりまえのことです。

では・・・

そのとき同時に何がおこっていますか?

国債を持っていた人たちが現金を手にする・・・?

それだけですか?

よく考えてみてください。

日本銀行が所有していた国債が政府に返却された時、日本政府から日本銀行に支払われた紙幣の運命は!?

紙幣は、日本銀行が発行した債券(借用書)であることを思い出してください。

日本銀行からみると、政府から借りていた国債を日本政府へ返却し、その代わりに、政府から日本銀行券を返してもらうことになります。

この日本銀行券は、日本銀行の手に渡ったとたん借用書としての役割を終えるはずですよね?

ですから、日銀に回収された紙幣は、ゴミ箱に捨てられなければなりません!

(だったら私にくれ~といいたくなる人もいるかもしれませんが・・・(*ノv`)。つか、実際ネコババしようとしたヤツがいてもオカシクないと勘ぐるのは管理人だけでしょうか・・・( ̄ー+ ̄)?日銀に回収された紙幣には、もはや国債の裏付けはありません。破棄しなくても、日銀内できちんと凍結しておかなければいけません)。

わかりますか?

つまり、日本政府が国債をすべて償還すると、日本銀行が保有している国債に等しい額の通貨が、

単純にこの世から消失してしまうのです!

日銀に返却されたお金は消えてなくなるわけですから、お金を返してもらったところで、日本銀行はうれしくも何ともありません

つまり、日銀はいくら国債を保有しても、それを償還してくれ~という気分にはならないはずです。

そんなものは、日本政府の借金とは言えません!

こんなカラクリが機能するのは、日本政府が専属の中央銀行をもっているからです。

国債とは、こども(政府)が親(日銀)に借りた借金みたいなものというたとえがありますが、このたとえを論理的に解説するとこうなります。

極論すると、

日本銀行が保有している国債は、市場が必要としている通貨を増やすために発行されているだけです。

政府の国債発行のおかげで、市場は助かっています。

政府が、わざわざ市場のために借金をしてくれているのでしょうか?

いいえ。

繰り返しますが、国債は、通貨を増やすために必要に応じて発行されているのです。

借金は借金ですが、必ずしも、借金 = Bad!ではないということです。

日本銀行が持つ国債はBadではない!

この発想ができるか否か・・・非常に重要です。

このカラクリがわかってくると、

日本政府の借金がおおすぎる!政府が潰れる!

と騒ぐのは、

日銀の紙幣(=債券)発行が多すぎて日銀が潰れる!

と、騒ぐような滑稽さがあります。

日銀は、紙幣を発行するたびに、債務を増やしているのです。

でも、日銀は騒がないではないですか。平然としています。

 

超簡単な、具体的シナリオを考えてみましょう。

シナリオ1

政府が国債を1000兆円発行したとします。

政府の借金が1000兆円発生するということです。

日銀がお金を刷ってこの1000兆円の国債を買い入れると、マーケットに1000兆円のマネーが供給されます。

マーケットのマネーは1000兆円増加します。

ここで、政府が税金などで国民から1000兆円を強引に徴収し、日銀が保有する国債を買い戻せば、政府の借金はなくなります。

マーケットから回収された1000兆円は、日銀に戻ると、消滅します。

日銀は、政府から返したもらった1000兆円を手にすることはできません。

何だかんだ言って、政府が日銀から国債を買い戻すと、市場からマネーが消失して大混乱になるでしょう。

 

シナリオ2

政府が国債を1000兆円発行したとします。

政府の借金が1000兆円発生するということです。

日銀がお金を刷ってこの1000兆円の国債を買い入れると、マーケットに1000兆円のマネーが供給されます。

マーケットには1000兆円のマネーがあります。

ここまではシナリオ1と同じです。

ここで、日銀が、保有する1000兆円の国債をマーケットで売却したらどうなるでしょうか。

マーケットからは1000兆円のマネーが日銀に回収されます。

この回収されたマネーは、日銀の自社発行債買い戻しみたいなものですから、シナリオ1と同様、日銀に回収されると消滅します。

マーケットには、1000兆円の国債だけが残ります。

マーケットにはマネーが枯渇しています。

一方、日本銀行からマーケットに売却された国債は、日本政府の真の負債になってしまいます。

国債が日銀の手元にあるうちは、日本政府は「返さなくてもよかった」のですが、国債が日銀から離れると「返さなくてはいけない」ものになるのです。

このとき、日本政府が借金を返す方法は3つあります。

第一の方法は、再度、日銀に新札を刷ってもらい国債を買い取らせる方法です。

こうすれば市場にマネーが供給され、潤います。

もっとも理にかなった方法です。

こうやって、日銀に国債を保有させれば一発で問題は解決します。

第二の方法は、日本政府が日本国民全員から1000万円ずつ強制的にマネーを徴収し、国債を保有している民間人、民間組織への返済に充てる方法です(今の政府がやろうとしていること)。

公平な解決方法ですが、市場のマネーが右から左へと動くだけで、マーケット全体のマネーの総量はかわらないまま(不足したまま)です。

第三の方法は、国債をデフォルトさせることです。市場を流通するマネーの総量は、第二の場合と変わりませんが、第三の方法では、国債を持っている人
達が損を被り、非常に不公平です。また、国債の価値が暴落すれば、その価値によって支えられている日本紙幣の価値も暴落するはずです。

・‥…━━━☆

日銀が国債をもっている限り、その分は政府の債務にあたらない

日本国債は、現在、利回りが低い状態で高値で取引されています。

マーケットに国債が出回っていないということです。

人気が高いのか、他に買うものがなく仕方なく買われているのか、日銀が買い占めているためなのか・・・

利回りが低いのですから、人気が高いはずはありません。

日銀の買占めによる効果が一番でしょう。

こうやって、日銀が国債を買い占めると、1円の濃度が変化しないため、通貨の価値が安定します。

非常によいことです。

このように、日銀は、政府が国債を発行するたびに、国債の利回りが高くならないように買い占めるべきなのです。

一方・・・

政府は、この状態で、国中の物資やサービスの量にみあった通貨の量が供給されていると考えれば、国債の発行量は十分です。

気をつけなければならないのは・・・

国債を発行すればするほど、政治家の懐にも紙幣が転がり込んでくるため、政府が腐敗していくことです。

極端なことを言えば、公務員の給料を国債で賄えば、公務員は働くなくてもいいのです。

国債を発行すればするほど、よからぬ業者が、どんどん政府の周りに集まる傾向があります。

このことは歴史が証明しており、政府というものは、ついつい国債を発行しすぎて腐敗するという過ちを世界各国で何度も繰り返してきました。

話を元にもどすと・・・

今、日本の国債の発行量は世界でもダントツです。

これは、日本政府が腐敗している証拠なのでしょうか?

それとも、単に、近年の日本の国力(国内の物資やサービスなど)の増加を反映しているだけなのでしょうか?

もし、日本政府の腐敗が原因であれば、国債は物資の量やサービスの量に比べて不当に多く発行されているということであり、通貨の価値は低く、物価や給料は高くインフレになっているはずです。

日本国債の価格は下がり、国債の利回りは上昇しているはずです。

もし、そうなっていれば政治家が私利私欲のために国債の発行をおこなっているということです。

そんな国債は誰も欲しがりません。ギリシャがこの状態でした。

しかし、今の日本の状況はぜんぜん違います。

日本国債はマーケットで不足し、まだまだ通貨の不足感が高い状態が続いています。

つまり、世界市場の判断としては、日本政府の腐敗はないということです(まぁ、日本国民からみると、かなり、あやしいもんですが・・・)。

日銀が政府に睨みをきかし、余計な国債の発行を抑制してきたおかげもあるでしょう。

結局・・・、

日本の国債の発行量が多いのは、日本の国力(物資・サービス)がダントツに成長していることの証明にすぎないのです。

国債の利回りが低いということは、国力(国内の物資やサービスなど)に比べて、まだまだ国債の発行量が不足しているということであって、

国債が売れずに困ったギリシャとはぜんぜん状況が違います。

国債には、いい国債と悪い国債がある、

という表現もあります。

日本政府は、日本全体の発展の程度(日本中の資産の増加率、成長)をよくみて、必要である通貨量を満たす「いい国債」を発行すべきです。

政府が国債の発行を渋ると、通貨の価値が、物資の価値よりも高くなってしまいます。

みんながモノを買うより貯金に走る今の状況は、そういうことです。

あるいは、

「それでも、どーしても国債を発行をしたくないんだよね~」というのであれば、

日銀に新札を印刷させ、その新札によってマーケットに流通している国債を200兆円ほど買い上げさせれば、日本政府の借金は自動的に消滅します。

ちょっと高い値段を設定すれば日銀に国債を売る人はいっぱいいるはずです。

日銀はタダ同然で新札を印刷できるのですから、やろうと思えばすぐにできます。

くりかえしますが、マーケットに流通している国債だけが、日本政府の真の借金であって、日銀が保有する分は、政府の借金ではないのです。

財務省は、日本政府の借金が多すぎてこのまま国債の発行を続けているといつかデフォルトする!と言っています。

しかし、いくら政府が国債を発行しても、インフレにならなければ、流通している通貨の量は充分とはいえないのです!

こんな状態、通貨の不足感が続く限り、通貨の価値は高く維持され、みんなが通貨を握り締め、内部留保が増えるばかりです。

これでは、国力はいずれ衰退します。

最近、財務省は、社会保障費を削ったり、増税したりしようとしていますが、そんな方法で国債を償還してもお金が右から左に動くだけで、すでに不足感のある通貨に対しては無策であり、非常によくない政策です。

ますます内部留保が増える一方でしょう。

日本は独自の中央銀行を保有しており、日銀は日本国債を買うことができるのです。

通貨の絶対量が不足しているなら、増やすべきではありませんか?

通貨の量が、国力とバランスしている限り、日銀が新札を印刷し、その新札で国債を買うことは、何の問題もありません。

日銀が保有する国債は、日本銀行が発行した新札の量を表現しているだけで、政府の負債ではないんです。

たしかに新札の発行は、通貨の価値を下げます。今までも、通貨の価値を高く維持したい日銀は量的緩和を嫌がってきました。

しかし、上がりすぎている通貨の価値は、もとに戻さなければ国が衰退するのです。

円の価値は高くても、国が衰退したのでは意味がありません。

ちょっと想像してみてください。

あなたの知らないどこかの小さな外国で・・・

そこの中央政府が国債を大量に発行し、それと引き換えに中央銀行に大量に新札を印刷させているとします・・・

その国で、「このままでは国が破産する!」と大騒ぎしていたら、なんか、笑えませんか?

国内の組織同士で貸し借りして、国がつぶれるでしょうか・・・

外国に対して借金しない限り、まぁ、大丈夫ですよって、いいたくなりませんか?(ノ∀`)・゚・。

隣の家の子どもが、「僕が親から借りた借金で家が破産する~」と騒いでいるようなものでしょう?

 

さぁ、いよいよ総括〜まとめ〜です。

今、日本政府の負債は?

合計で1200兆円ぐらいでしょうか?

これだけ聞くと巨大な借金のように思えます。

ところが、実は我が日本政府は700兆円をも超える資産(政府、公舎など)をもっているのです。

いいですか?

日本政府の主張を簡単にいうと、こういうことです

株式会社日本政府は、1200兆円もの借金をして(国債を発行して1200兆円の資金を調達して)お金を調達し、そのうち700兆円を使って土地を買い、自分の家を建て、貯金し、自分たちの退職金やボーナスにあててきた・・・

世界中のどこをみても、こんな莫大な資産を持っている政府はありません。

海外にも300兆円ぐらいの資産があります。

それでいて、「つきましては、その借金の利回りが払えなくなってきたので、その負担を国民に付け回したい」と・・・

って、オカシイでしょう?

「政府」と「国民」は対立する組織であるという政治学の基本を思いだしてください。

なんで日本政府の借金を国民が肩代わりする必要があるんでしょうか?

「オイオイ!その前に、ボーナスや退職金を見直すか、自分が持ってる土地を200兆円ぐらい売れよ!」といいたくなりますよ。

日本政府は自己資本ゼロで設立されています(たぶん・・・)。ですから、借金と資産の差はそのまま債務超過になります。

もともと、ほぼ絶対に債務超過になるシステムなんです。

政府に債務超過が存在すること自体、何の問題もないでしょう。

債務超過の有無が問題なのではなく、問題はその大きさだということです。

今の日本政府の債務超過は、1200(債務) - 700(資産) = 500兆円ほどでしょうか。

この額が果たして多すぎるのかどうか・・・ということなんですが、

GDPが400兆円だとして、GDPより多いのはちょっと・・・

と感じるかもしれません。

が、ここに重大なカラクリがあるのです。

この約500兆円の債務超過のうち、少なくとも300兆円は、日銀が保有している国債です。

(最近、発表された日銀が保有している国債の額は469兆円だそうです!!)

日銀が保有する国債は何度も言ったように政府の債務とはいえません。

つまり、日本政府の正味の債務超過は200兆円にも満たないということになります。

200兆円の債務超過であれば、日本のGDPの半分以下で、先進国では非常に少ないほうです。

海外資産(300兆円以上)を考えると、実は日本政府の実質上の債務超過はゼロあるいはマイナスです。

冒頭で、

日本が借金大国であると言うのは、財務省の大ウソか大間違い。

と、述べた理由はこのような事情からです。

そもそも、債務超過を減らしたいなら、

日本政府は、増税や社会保障費のカットなど、国民に負担をかける前に、やるべきことがたくさんあると思います。

たとえば政府が持ってる土地を200兆円分ぐらい売ればいい。

そうすれば、会計上、債務超過の額に変化はおこらないかもしれませんが、

日銀以外の組織が保有する国債の総額(真の借金)は減ります。

あるいは・・・

どーしても、土地は売りたくない、公務員のボーナスも退職金も減らしたくない!というのであれば、

日銀に新刷を印刷させ、200兆円分の国債を市場から買い上げてもらえば、たちまち政府の実質上の債務超過はゼロになります。

つまり、日銀が200兆円の国債を市場から買い上げるだけで、日本政府の債務超過は消失するのです!

(日銀が国債を保有すれば、それは自動的に政府の借金ではなくなります)

日本銀行は、量的緩和によって通貨の価値が下がることを嫌がりますが、政府にとっては通貨の価値より国力のほうが大事なことです。

というか、たった200兆円そこそこの国債の買取ぐらいでは、すでにかなり高くなっている円の価値が毀損されることなんてないはずです。

アメリカからのドル安の圧力があるのかもしれませんが、そんな圧力なんかに負けず、日本の国力の発展を考えて通貨の価値をもう少し下げるべきです。

(実は、個人的には円高の方が海外生活は助かりますので、この記事の主張にはちょっと複雑な気持ちもあるんですが・・・(。>0<。))

通貨の流通量が国力とバランスしている限り、通貨の価値が下がりすぎる、という心配はないと思います。

これまでの日本の国債発行高は、単にこれまでの日本国力の成長の度合い、すなわち、これまでの通貨の必要量を反映しているにすぎません。

国債発行 = 必ずしもBad ではないのです。

ここらへん、経営や経済の専門家の方が陥る罠だと思います。

専門家の人は、みんな口をそろえて、お金が足りない、日本はつぶれると言っています。

血液循環の理論を、マクロ経済学、ミクロ経済学にあてはめてみると、一瞬でそんなことはないとわかるのですが・・・

財務省にはもっと自信を持って、国力の成長につながる金融政策、財政政策を執り行って欲しいと思います。

いや、それとも・・・

官僚も、さすがに、そんなアホではないと信じたい。。。

実は、日本政府には悪い国債を発行してきたという自覚があるのかもしれません。

そうでなければ、どうしてそんなに国債暴落を危惧するのか、その根拠がわかりません・・・

とにかく、この「日本の借金やばい・・・」という財務省の主張・・・

何かヤバいことを隠そうとウソをついているのか、アホなのか、どちらかです。

おすすめ記事

2019年8月 8日 (木)

まるわかり財務分析

財務分析の指標 PER 20未満 PBR 1未満 ...

» 続きを読む

2019年7月11日 (木)

世界初の先物取引は日本でおこなわれた

なにかを高く売りたい人と、 それを安く買いたい人 ...

» 続きを読む

2018年12月 5日 (水)

財務分析 ROAとROE (自分用メモ)

ROAとROEの違い ROAは、総資産に対する利益...

» 続きを読む

2018年12月 4日 (火)

インフレになると国債の価値がさがる

インフレになると利回りは、 あがるが、 その順...

» 続きを読む

2018年12月 3日 (月)

デフレでいったい何が悪いのか?

世の中、アベノミクスがうまくいくかどうかという議論...

» 続きを読む

2018年12月 2日 (日)

えげつない金融商品「CDS」とは?

リーマンショックのときに話題になったCDS。サブプ...

» 続きを読む

2018年12月 1日 (土)

この世でいちばんわかりやすい複式簿記の話

簿記って 「仕分」とか「勘定」とか 「借方」とか「...

» 続きを読む

2016年2月 7日 (日)

この世でいちばんわかりやすい固定資産圧縮損(圧縮記帳)の話

  「固定資産圧縮損」について友人からき...

» 続きを読む

2015年11月21日 (土)

銀行のバランスシートの不思議

ときどき、 「銀行預金は銀行にとっては借金にあたり...

» 続きを読む

2015年5月25日 (月)

この世でいちばんわかりやすい減価償却費の話 5

ここまで読めば、もう、だいたい理解できたものと思い...

» 続きを読む

この世でいちばんわかりやすい減価償却費の話 4

「資産」であっても、売却益をねらわずに使い続けて消...

» 続きを読む

この世でいちばんわかりやすい減価償却費の話 3

ちょっと簡単な例を考えてみましょう。 1.会社...

» 続きを読む

この世でいちばんわかりやすい減価償却費の話 2

一般に、購入したものが「資産」とみなされる場合、そ...

» 続きを読む

この世でいちばんわかりやすい減価償却費の話 1

資産 vs 消耗品 減価償却とは、節税に関係する...

» 続きを読む

2015年4月18日 (土)

この世でいちばんわかりやすいキャッシュフロー計算書の話

キャッシュフロー計算書の解説はたくさんありますが、...

» 続きを読む

2014年10月 1日 (水)

英語で読む 損益計算書 Income Statement (Profit & Loss Statement)

Income statement compares...

» 続きを読む

英語で読む 貸借対照表 Balance Sheet

Balance Sheet (B/L) looks...

» 続きを読む

2014年9月23日 (火)

英語で読む キャッシュフロー Cash Flow Statement

Assessment is important r...

» 続きを読む

限界利益(貢献利益) Contribution Margin

Financial Accounting (財務会...

» 続きを読む

2014年9月11日 (木)

この世でいちばんわかりやすい損益分岐点の話 7 (応用編)

この記事は、損益分岐点のことを十分に理解できている...

» 続きを読む

この世でいちばんわかりやすい損益分岐点の話 6

例題(2017年5月27日:ご指摘あり数字を一部修...

» 続きを読む

この世でいちばんわかりやすい損益分岐点の話 5

ところで・・・ 教科書によっては、 上の式...

» 続きを読む

この世でいちばんわかりやすい損益分岐点の話 4

商品をいくつ売ったら「儲け」が出るのか? さて―...

» 続きを読む

この世でいちばんわかりやすい損益分岐点の話 3

固定費を加えると次のようになります。 オレン...

» 続きを読む

この世でいちばんわかりやすい損益分岐点の話 2

人件費や家賃など、売り上げにかかわらず一定の費用を...

» 続きを読む

この世でいちばんわかりやすい損益分岐点の話 1

損益分岐点って何? 損と得が分岐するポイント? ...

» 続きを読む

2014年9月 4日 (木)

この世でいちばんわかりやすい損益計算書の話

損益計算書(PL) とは? ひとことでいえば ...

» 続きを読む

2014年8月26日 (火)

この世でいちばんわかりやすい貸借対照表の話 6

貸借対照表はなんのために? 貸借対照表は何のため...

» 続きを読む

この世でいちばんわかりやすい貸借対照表の話 5

人件費はどこに書くのか? さきほどあなたが10万...

» 続きを読む

この世でいちばんわかりやすい貸借対照表の話 4

現金で何かを買っても資産は増えない? では、あな...

» 続きを読む

この世でいちばんわかりやすい貸借対照表の話 3

左側は献立、右側はその成分表記 結局、貸借対照表...

» 続きを読む

この世でいちばんわかりやすい貸借対照表の話 2

なぜ、バランスシートの左右は常にバランスがとれてい...

» 続きを読む

この世でいちばんわかりやすい貸借対照表の話 1

この記事は、貸借対照表、いわゆる「バランスシート(...

» 続きを読む

2013年10月10日 (木)

経済学の基礎

Basis Debatable Points: ...

» 続きを読む

2013年10月 1日 (火)

英語で読む 決算書

1. B/S :  Balance Sh...

» 続きを読む

2013年9月19日 (木)

神のみえざる手

この言葉、間違って理解されていることが多い。 一...

» 続きを読む

2013年9月 9日 (月)

国家のデフォルトとは?

Default = Default (Reset)...

» 続きを読む

オプション取引とは?

FXとともによくでてくる金融取引にオプション取引と...

» 続きを読む